カテゴリー別アーカイブ: 洞田 英治

虫めがねツール意外にもズームツールはある

イラストレーターで画面をアップにしたり引いたりするときに基本的によく使われるのは
「虫めがねツール」だと思いますが、他にもズームツールはあります。
今回は「ナビゲータ」を使用します。
アートボードにオブジェクトが2つあるとします。
01アートボード内に2つのオブ

メニューバーの「ウインドウ」から「ナビゲータ」を選択。
02ウインドウからナビゲーターを

「ナビゲータ」の下にあるスライドバーを右に動かすと拡大。
03ズームは右で拡大

左に動かすと縮小されます。
04ズームは左で縮小

「ナビゲータ」の中にある赤い枠は「手のひらツール」が表示されるので、つまんで好きな位置に動かすことができます。
05ナビゲータの中の赤枠は

「虫めがねツール」と「ナビゲータ」の使いやすい方で作業してみましょう。

ガイドと整列でオブジェクトを揃える

イラストレーターで作業中、ある決まった位置に揃えたい時は「ガイド」を引くと揃える目安ができて便利です。オブジェクトが3つあるとします。
01位置が揃っていないオブ

この3つのオブジェクトを左と上にガイドを引いてキレイに揃えます。
まず、メニューバーより「表示」→「定規を表示」
02表示より定規を表示

左端に定規が表示されましたので、つまんで任意の位置までガイドを引きます。
03左端をつまむ

上も同様に引いてみます。
04上も同様にガイドを

次にウインドウより「整列」を選択。
05ウインドウより整列を

オブジェクトを3つ選択します。
06オブジェクトを3つ選択

「整列パレット」で左に揃えてみます。
07整列で左に揃える

「整列パレット」で上下を均等割で揃えてみます。
08整列パレットで上下を揃える

あとは先ほど引いたガイドにあわせてオブジェクトを揃えます。
09きれいに揃う

文字にグラデーションを入れるには

文字にグラデーションを入れる方法です。
まず文字を打ちます。
01文字を打つ

次にメニューより「ウインドウ」→「アピアランス」を選択。
02ウインドウからアピアランスを

「アピアランス」パレットの右上の▼より「新規塗を追加」を選択。
03アピアランスから新規塗を追加

次にメニューより「ウインドウ」→「グラデーション」を選択しパレットを表示させます。
04ウインドウからグラデーションを

文字を選択した状態で、グラデーションをクリックします。
05グラデーションをクリック

最初は黒から白のグラデーションになっているので、あとは好きな色を選択して色づけします。今回は金色っぽくしました。これで完成です。
06好きな色を選択

画像をクリッピングマスクで見せたいところだけ表示

チラシ作成時には「写真にクリッピングマスクをかける」という作業がよく見られます。
写真は基本的には角版と呼ばれ四角い形をしています。デザイン的に四角より丸く写真を見せたい時に使用します。
まず、写真を配置します。
01画像を配置

次に「丸」を作成し、マスクをかけたい写真より必ず上に「丸」を置きます。マスクをかけるオブジェクトは画像の下ではマスクをかけることはできませんので、ご注意を。
02丸いオブジェクトを画像の上に

次に二つのオブジェクトを選択します。
03_2つのオブジェクトを選択

次に上にあるメニューバーより「オブジェクト」→「クリッピングマスク」→「作成」を選択します。
04メニュー→オブジェクト→クリッピングマスク→作成

そして完成です。
05マスク完成

今回は「丸」でマスクをかけましたが、アンカーポイントが異常に多くない限り、色々な形のオブジェクトでマスクをかけれます。

オブジェクトの中にテキストを打つエリア内文字ツール

丸や四角の中にテキストを流し込みたい時に使うのが、「エリア内文字ツール」です。
今回は丸いオブジェクトを作り、その中にテキストをいれてみます。
ツールバーの中に「T」という文字ツールがあります。それを長押しするとサブメニューが現れます。
その中に「エリア内文字ツール」がありますので、それを選択します。

エリア内文字ツールを選択

テキストを打ちたいオブジェクトのセグメントの上にクリックします。
すると今まで黒いオブジェクトだったのが青い線の表示に変わります。そうなればあとはテキストを打つだけです。
完成

他にも四角や自分でパスで描いたオブジェクトなどにも利用できます。

選択ツールはオプションを押すとダイレクト選択ツールになる

イラストレーターでの作業中、よくかたまりごとにグループ化しておくことがあると思います。

01オブジェクトがグループ化されている

グループ化しておくと便利なときも有りますが、一部のオブジェクトだけを変更したいときはダイレクト選択ツールを使用して作業をします。

02ダイレクト選択ツールで01

例えば写真にマスクをかけてある時に、写真のマスクの天地を縮めたいという直しが入ったとします。
ダイレクト選択ツールをメニューバーから選択して、マスクの下のセグメントをクリックしてそのまま上にスライドさせます。

03ダイレクト選択ツールで

通常はこのやり方で作業はできますが、「選択ツール」でも「コマンドキー」を押すと「ダイレクト選択ツール」に切り替わってくれます。

04選択ツールでもオプションを押しながら
05選択ツールでも完成

もし普段から「選択ツール」をよく使用しているなら、このショートカットで作業するといちいちツールボックスまでツール変えにいく手間が省けますね。

タイトル文字をワープで弧を描がかせる

タイトル文字を作成する中で縦もしくは横にまっすぐはのは文字を打てばすぐできます。色んなチラシにもあるような弧を描いたタイトルを作ってみましょう。
まずは、タイトルを作成します。
01文字

効果をかけたい文字を触った状態で上のメニューバーより「効果」→「ワープ」→「円弧」を選択します。
02メニューバー→効果→ワープ

ワープオプションの中のスタイルで「円弧」を選びます。すると文字が大きく弧を描きます。
04最初は50%

最初は設定が50%になっていますので、チラシの雰囲気にあった様にパーセントを調節します。
今回は20%で作ってみます。
05例えば20%に

数値を変えるだけで簡単にできます。
06完成

「効果」でつくると「アピアランス」として記録が残るので、後から違うパーセントにしたい場合はアピアランスの円弧の部分をダブルクリックすればいつでも調節可能です。

イラストレーターで袋文字を作成

チラシ等でよく見かける文字が重なりあって表現する「袋文字」というのを作成します。
まず、テキストを打ち、色をm100% y100%にします。(安売りチラシを作るとして)
01テキストを打つ

次に上のメニューバーより「ウインドウ」→「アピアランス」を選択。
02メニューバーのウインドウからアピアランス

袋文字にしたいベースの文字を触った状態でアピアランスの右うえの▼ボタンを押すと、「新規線を追加」という項目があります。これをクリック
04新規線の追加

一番上のレイヤーに新規の線が追加されますので、この線レイヤーをつまんで、「文字」とかいてあるレイヤーのしたまで移動します。
06アピアランス内の文字レイヤーの下に

こうすることで「安売り大バーゲン」というタイトルの下に新規の線レイヤーがきます。「文字」レイヤーより上にあると線を太らせるとベースの「安売り大バーゲン」という文字がつぶれてしまいますのご注意を。

線の色をy100%に設定。先ほどと同様にして「新規の線」を追加して、今度はk100%に設定します。そうすることで二重にレイヤーが作れるのでどっしりとした表現が作れます。
09完成

重ねる回数や線の太さを変えるだけで雰囲気は変わってきますので試してみてください。

手のひらツールでアートボード内を自由に移動

イラストレーターで作業しているときに、画面をアップにして細かい作業等することがよくあります。タイトルの直しをして次は下の方の文章を直したいというときに便利な手のひらツールがあります。
アートボード内にオブジェクトが上と下に2つあります。
端と端にオブジェクト

引いた状態では全てみえていますが、アップにすると下のオブジェクトは見えなくなります。
アップで作業

ツールボックスにある「手のひらツール」を選択します。画面上に「手のひら」マークが表示されますので、クリックしてそのまま離さず移動方向に動かします。
移動成功

このようにアップにしたままで、次のオブジェクトまで移動が可能です。ちなみにツールボックスで「手のひらツール」を選択しなくても、スペースキーを押すと「手のひら」が表示されますので、ショートカットとして覚えると便利です。

イラストレーターで作成したオブジェクトをはさみツールで切断!

イラストレーター上でオブジェクトを作って好きな位置で切断して、オリジナルのオブジェクトを作ります。
今回は丸いオブジェクトを使ってオリジナルのアルファベットの「C」を作ってみましょう。
01線のオブジェクトを作成

オブジェクトが作成できたら、ツールバーの中「はさみツール」を選択し、オブジェクト上どこでもいいのでワンクリックします。
02はさみツールでクリック

オブジェクトを切断するには2ヶ所クリックしなければいけないので先ほどと同様に上の曲線部分をクリックします。

切り離されたいらないパスをデリートキーで消去します。
きれいな「C」というアルファベットができました。

03完成