カテゴリー別アーカイブ: 林 奈央子

PhotoshopCS3で市松模様を作る方法

<手早く作りたい場合>

新規キャンバスを作成し、ちょうどいい大きさに設定します。

描画色と背景色の設定で、塗りたい2色を選びます。
市松2
フィルタ→スケッチ→ハーフトーンパターンで、「サイズ」と「コントラスト」を調節し、パターンタイプを「点」にします。
 
「OK」を押すと画面が塗りつぶされます。
市松1

 
  
<きれいに作りたい場合>
 
新規キャンバスを作成します。

新規レイヤーを作り、市松模様の四角一個分の大きさの図形を描きます。(例えば100px×100pxなど)
詳しくはこちら
市松3
もう一つ新規レイヤーを作り、別の色で同じ大きさの四角を描いて横に並べます。
画面上部のメニューにある「ビュー」→「スナップ」にチェックを入れると、角がぴったりくっつきます。
市松4
これらのレイヤーを複製(Ctrl+J)して、4つ並べます。
市松5

切り抜きツールで幅と高さを設定して切り抜きます。
 
「編集」→「パターンを定義」でパターン化します。
 
新規キャンバスを作成し、ちょうどいい大きさに設定します。
 
塗りつぶしツールで「パターン」を選択し、登録したパターンをクリックします。
市松7 
画面を塗りつぶすと、きれいな市松模様ができます。
市松8

PhotoshopCS3で縞模様を作る方法

このようなボーダーやストライプを作りたいときは、以下の方法が便利です。
縞5まず幅100px×高さ100pxのキャンバスを作って塗りたい色で塗りつぶします。
縞1
次に、レイヤーを一つ追加して塗りたい色で幅50px×高さ100pxの長方形を作ります。 (詳しくはこちら)
縞2
Ctrl+Aで全選択して「編集」→「パターンを定義」でパターン登録します。
 
新規キャンバスを開いて、塗りつぶしツールを選択します。
縞3
パターンに切り替えて、登録したパターンを選択します。
縞4
新規キャンバスを作って画面を塗りつぶすと、縞模様ができます。

Photoshopでpx(大きさ)を指定して図形を描くには2

この記事は前回の続きです。

今回は、あらかじめpxを固定してから長方形を描く方法をご紹介します。

1.長方形ツールをクリックし、塗りたい色を選びます。
固定指定1
固定指定2

2.画面上部の「塗りつぶした領域を作成」をクリックします。
固定指定3

3.画面上部の「幾何学オプション」の矢印をクリックします。
固定指定4

4.「固定」をクリックし、指定したい数値を入力します。
固定指定5

5.キャンバス内で一回クリックすると、指定した大きさの長方形が描けます。
固定指定6

そのままの状態でキャンバス内をクリックすると、連続して同じ大きさの長方形が描けます。
円など他の図形でも同じことが出来ます。
角丸長方形の丸みを変えずに大きさを調節したいときにも便利です。
固定指定8

フォトショップCS3(Win)でパスを選択範囲に変える方法

パスで画像を囲んでから選択範囲に変換したいときは、
パスパレットの下部にある点線の丸のマークをクリックしてください。

選択範囲パス1

逆に選択範囲をパスにしたい場合は、パスパレット下部の丸にハンドルが付いたマークをクリックするとパスが出来ます。

選択範囲パス2

フォトショップCS3(Win)で目的のレイヤーを素早く選択するための方法

フォトショップで作業しているときに、レイヤーが重なりすぎてなかなか目的のレイヤーが触れないことはありませんか?そうしたときに、素早く選択したいレイヤーだけを選択する方法をご紹介します。

1.Ctrlを押しながらレイヤーをクリックする
選択したいレイヤーをCtrlを押しながら選択すると、そのレイヤーだけを選択することが出来ます。

2.レイヤーの上で右クリックして、選択したいレイヤー名をクリックする
レイヤーの上で右クリックすると、重なっているすべてのレイヤー名が表示されます。その中から目的のレイヤー名をクリックすると、そのレイヤーだけを選択することが出来ます。

 

レイヤー選択1
3.移動ツールの自動選択チェックボックスにチェックを入れる
ツールボックスの一番上にある矢印のマーク「移動ツール」を選択し、左上に表示された「自動選択」のチェックボックスにチェックを入れます。その後、選択したいレイヤーをドラッグすると、そのレイヤーだけを動かすことが出来ます。
※注意:「自動選択」にチェックを入れると、1番と2番の操作が無効になるので、自分が使いやすい方法を選んでください。

レイヤー選択2

フォトショップCS3(Win)の銀色のグラデーションの作り方

今回は、グラデーションを使って銀色を表現する方法をご紹介します。
(色の数値は例ですので、好みの色に微調整してください。)
金色のグラデーションはこちら

<例1> R=210,G=210,B=210 → R=240,G=240,B=240 → R=170,G=170,B=170 → R=250,G=250,B=250 の順でグラデーションバーに入力した場合

銀1銀1-e
<例2> R=130,G=130,B=130 → R=195,G=195,B=195 → R=255,G=255,B=255 → R=195,G=195,B=195 → R=130,G=130,B=130 の順でグラデーションバーに入力した場合

銀2銀2-e

フォトショップCS3(Win)の金色のグラデーションの作り方

前回、グラデーションの使い方をご紹介しました。
この機能を使うと金色のグラデーションを作ることが出来ます。
今回は、薄い金と濃い金の作り方を載せたいと思いますのでご参考にお使いください。
(色の数値は例ですので、好みの色に微調整してください。)

<薄い金> R=150,G=125,B=65 → R=240,G=240,B=170 → R=150,G=125,B=65 の順でグラデーションバーに入力した場合

金b金b-2
<濃い金> R=60,G=20,B=20 → R=180,G=130,B=30 → R=230,G=200,B=40 → R=230,G=215,B=90 → R=240,G=240,B=200 の順でグラデーションバーに入力した場合

金a金a-2

フォトショップCS3(win)のグラデーションの使い方2

今回は、前回のグラデーションの使い方の続きです。
前回グラデーションをかけるときは、このようなウィンドウを出して色を選択する、とご紹介しました。
グラデ3
このウィンドウの機能について、少し補足したいと思います。

○グラデーションは2色以上でも作れる
グラデーションを3色や4色で作りたいときは、バーの色数を増やします。
やり方は、バーのすぐ下をクリックすると四角がもう一個増えるので、それをダブルクリックして色を調節します。
グラデ補足1
あとは、2色のグラデーションと同じように「OK」を押して、画面内でマウスを押しながら移動させると、3色以上のグラデーションをかけることが出来ます。
グラデ補足2

○グラデーションの色を均等にしたい
グラデーションをかけるときに、それぞれの色の幅を均等にすることが出来ます。
やり方は、バーの四角をクリックすると、その下にある「位置」というところに数値を入力できるようになりますので、色の幅が均等になるように数値を調節してください。
グラデ補足3

○色はRGB・CMYK・カラーコードの数値入力で調節することができる
色を選択するときに、右下の入力欄にRGBやCMYKの数値を入力して色を選択することが出来ます。
※RGBは主にWeb用に使われる色の表現方法の一つで、R=レッド・G=グリーン・B=ブルーの配合によって色を作る方法です。
CMYKは主に印刷用に使われる色の表現方法の一つで、C=シアン・M=マゼンタ・Y=イエロー・K=ブラックの配合によって色を作る方法です。
ランダムに色を選択するのではなく、この数値を決めてから色を選択することで、より効率良くデータを作ることが出来ます。
グラデ補足4
色の数値入力は、例えば「前と同じ色でパーツを作りたい」「前作ったものより○○%青みが強いものを作りたい」といった場合に便利です。
また、RGBの下にある#が付いている欄には、カラーコードを入力することが出来ます。
それぞれの色にはカラーコードというものがあり、これを入力することで色を選択できます。
Web上で使うデータを作るときは、Webセーフティーカラーを使うことをおすすめします。
※Webセーフティーカラーとは、どんなWeb環境の人でも共通して同じ色に見えるカラーのことです。これ以外の色を使うと、モニターによって色が違って見える可能性があります。

フォトショップCS3(win)のグラデーションの使い方

1.グラデーションツールを選択してください。
グラデ1
2.メニューバーの下のグラデーションのサムネイルをダブルクリックしてください。
グラデ2
3.このようなウィンドウが出たら、端っこにある四角をダブルクリックして色を選択してください。
グラデ3
4.もう一方の端っこの四角も同じようにダブルクリックして、色を選択して、色が決まったら「OK」を押してください。
グラデ4
5.画面上でマウスを押しながら移動させると、グラデーションを作ることが出来ます。

まっすぐ上下にグラデーションをかけたいときは、Shiftを押しながら上下に移動させてください。
斜め45度にグラデーションをかけたいときは、同じようにShiftを押しながら斜めにマウスを移動させると、45度にグラデーションをかけることができます。
グラデ5
グラデ6