HTMLを書くには【CSSとHTMLを使ってbodyの中を書こう】

実際にCSS(スタイルシート)を用いてこのBODYの中に書いてみましょう。

の、前に必ず知っておくといいこと。
CSS(Cascading Style Sheet カスケーディング・スタイルシート)

ホームページを《HTML》だけで作ることはもちろんできます。
ブラウザから見るとCSSを使った場合と使わなかった場合と見た目は同じです。しかし、CSSを使わず《HTML》だけでホームページを作りソースを見るとゴチャゴチャしてしまいます。
そこで!
《HTML》を用いてホームページを作る際、《CSS》を使って細かい指定(文字サイズ、文字カラー、表示位置、背景色、回り込み、デザインにおける全てをCSSから定義することが可能)をします。それによって《HTML》の中は綺麗に整理され、文章などもよみやすくなります。それがCSSの役目でもありますがもう1つ。
SEO対策!
Googleエンジンは余分なソースコードは読み込んでくれません。エンジンがもっとも重要視しているのは文章や単語です。
検索の上位にあげるために使うという役目もCSSにはあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>