自由変形ツールで、テキスト(文字)をゆがませる方法

環境は、WIN CS3を使用しています。
さて困ったぞ。自由変形ツールを使って、テキストを歪ませたいけれども、うまくいかない!!

なぜだ?
オブジェクトの形を歪ませることはできるけれど、テキスト(文字)を歪ませることはできないのかな?

と疑問をお持ちのあなた様に、解決策をご紹介します。

自由変形ツールで、オブジェクトを歪ませる時は、
自由変形ツールを選択し、四方の角の1点を「Ctrl」キーを押しながら、マウスでドラックすると
思い描くような操作が可能となります。

が、、その要領でテキスト(文字)も「Ctrl」キーを使って、歪ませれるのか?
といったら、これはでできないのです。

ご安心ください、解決方法はあります。

それは、テキスト(文字)をオブジェクトへ変換すればよいのです。

すなわち、「アウトライン化」するということです。

アウトラインにした時点で、テキスト(文字)の効果は消滅します。
アウトライン化をした後で、テキストを打ち直して訂正を加えたい。といった作業はできなくなります。
これは、大きなデメリットでもありますが。。。

さて、アウトライン化された文字(オブジェクト)を自由変形ツールで歪ませてみましょう。
まずは、「メニュー」 → 「書式」 → 「アウトラインを作成」

13.05.30自由変形ツール04
文字情報がすべて失われて、オブジェクトになりました。
続いて、
自由変形ツールを選択し、四方の角の1点を「Ctrl」キーを押しながら、マウスでドラックします。

13.05.30自由変形ツール05

これが、自由変形ツールを使用したテキストのを歪める方法になります。

以上です。いかがでしょうか?お役に立ちましたか?