フォトショップCS3(win)のグラデーションの使い方2

今回は、前回のグラデーションの使い方の続きです。
前回グラデーションをかけるときは、このようなウィンドウを出して色を選択する、とご紹介しました。
グラデ3
このウィンドウの機能について、少し補足したいと思います。

○グラデーションは2色以上でも作れる
グラデーションを3色や4色で作りたいときは、バーの色数を増やします。
やり方は、バーのすぐ下をクリックすると四角がもう一個増えるので、それをダブルクリックして色を調節します。
グラデ補足1
あとは、2色のグラデーションと同じように「OK」を押して、画面内でマウスを押しながら移動させると、3色以上のグラデーションをかけることが出来ます。
グラデ補足2

○グラデーションの色を均等にしたい
グラデーションをかけるときに、それぞれの色の幅を均等にすることが出来ます。
やり方は、バーの四角をクリックすると、その下にある「位置」というところに数値を入力できるようになりますので、色の幅が均等になるように数値を調節してください。
グラデ補足3

○色はRGB・CMYK・カラーコードの数値入力で調節することができる
色を選択するときに、右下の入力欄にRGBやCMYKの数値を入力して色を選択することが出来ます。
※RGBは主にWeb用に使われる色の表現方法の一つで、R=レッド・G=グリーン・B=ブルーの配合によって色を作る方法です。
CMYKは主に印刷用に使われる色の表現方法の一つで、C=シアン・M=マゼンタ・Y=イエロー・K=ブラックの配合によって色を作る方法です。
ランダムに色を選択するのではなく、この数値を決めてから色を選択することで、より効率良くデータを作ることが出来ます。
グラデ補足4
色の数値入力は、例えば「前と同じ色でパーツを作りたい」「前作ったものより○○%青みが強いものを作りたい」といった場合に便利です。
また、RGBの下にある#が付いている欄には、カラーコードを入力することが出来ます。
それぞれの色にはカラーコードというものがあり、これを入力することで色を選択できます。
Web上で使うデータを作るときは、Webセーフティーカラーを使うことをおすすめします。
※Webセーフティーカラーとは、どんなWeb環境の人でも共通して同じ色に見えるカラーのことです。これ以外の色を使うと、モニターによって色が違って見える可能性があります。